バイエルのED薬を服用時は皮膚疾患の副作用に注意

ペニスが勃起しにくくなるなどのような問題が発生したときには、専門的にEDの治療をしているクリニックを受診することがおすすめです。
近年ではED治療を行っているクリニックが増えていますので、ED治療薬の処方を受けやすい環境となっています。
クリニックによっては入り口が他人から見えないようになっているところや、診察を受けなくても治療薬の処方が受けられるところもありますので、薬を手に入れやすいようになっていると言えます。
ED治療薬としてはバイアグラなどが有名なものとなりますが、その他にもドイツのバイエル社が製造しているレビトラというものも、厚生労働省の認可を受けています。
クリニックを受診することでレビトラの処方を受けることが可能で、効果が現れるまでに時間がかからないことなどの特徴があります。
レビトラはEDの症状に対して有効性の高い医薬品として知られていますが、一定の割合で副作用が生じる可能性もありますので、事前に持病のある人は医者に相談した上で服用することがおすすめです。
服用した人のうちの1%~10%未満の人に発症する副作用としては、頭痛やめまい、ほてりなどの症状がありますが、0.1%~1%未満の人には皮膚疾患などの症状が出ることも考えられます。
副作用として現れる皮膚疾患としては、光線過敏性反応、そう痒症、発疹などが挙げられますので、十分に把握した上で服用するようにしましょう。
高血圧症の治療薬を服用している人の場合には、血管を拡張しすぎてしまうことが考えられるために、レビトラの服用が行えない場合もあります。
自分の服用している治療薬と、レビトラなどのED治療薬を併用することができるかどうか、専門外来のあるクリニックを受診してしっかりと説明を聞いておく必要があります。